×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紅豚とは?

紅豚とは、自然いっぱいの豚舎で、紅芋(べにいも)を食べて育ったブランド豚。とっても柔らかい肉質と、臭みのない脂身が特徴であり、南国沖縄の自然に育まれた紅豚は、
ジューシーな赤身と、さっぱりした脂身のバランスが最高な高級豚肉です。紅豚は、しゃぶしゃぶやトンカツ(とんかつといえば、「まい泉」が有名ですね。)やラーメンなどにピッタリです。噂によると静岡に紅豚を使用した美味しいラーメン屋があるらしいです。今度調べて紅豚ラーメンを食べに行ってみたいと思います。

「がんじゅう」の紅豚

紅豚といえば忘れちゃいけないのが紅豚を製造販売している「株式会社がんじゅう」(読谷村)ブランド名の「紅豚」は読谷村名物の紅芋が飼料に配合されている事と、
九州の黒豚の「黒」に対抗して名付けられました。紅豚とは、肉質の美しい色合いを上手い具合に表現されていますね。「がんじゅう」の社長によると「豚でも牛・鶏肉でも、1番重要なのは、品種ではなくて餌なんですよ。当社では、安全で美味しい豚を作るため、
20年も研究を重ねてきた独自の配合飼料を使っています。小麦を中心とした穀物・とうもろこし・大豆油粕・木酢・紅芋などに、乳酸菌を主体とした発酵飼料を配合しています。抗生物質などは一切使っておりません。」出典:http://allabout.co.jp/travel/travelokinawa/closeup/CU20040601A/【株式会社がんじゅうのデータ】本社・沖縄県中頭郡読谷村伊良皆255電話・098・957・2929(代表)

紅豚の特徴

紅豚は、三種類の豚を掛け合わせた三元豚の多い中で、 肉質に旨味の最も多い『デュロック種×デュロック種』という純血を守る幻の豚と言われています。紅豚の特徴は、味わいの深さはもちろん、紅芋(べにいも)を飼料としているので、お肉の色も紅がかったとても美しい色合いであることが特徴なんです。一般的に豚肉の美味しさは赤身と脂身のバランスで決まると言われていますが、 紅豚は豚肉特有の臭みがほとんど感じられません。ジューシーで独特の歯応えのある赤身部分と、美味しさの最大の特徴である驚く程さっぱりとした脂身とのバランスが最高の肉。それが紅豚の人気の秘密といえるでしょう。紅豚は、しゃぶしゃぶやラーメン、餃子などに合わせると美味しく召し上がれます。特に餃子は人気も高く、紅豚使用の餃子で沖縄紅豚の知名度も上がったほどです。他にもしゃぶしゃぶにも、紅豚はかなり相性が良いです。さっと湯にくぐらせるだけで、そのまま食べても口の中でとろけるお肉は最高です。